顧問弁護士を頼む前に知っておきたいこと

月別: 2016年9月

弁護士報酬の種類

弁護士に依頼するときの費用のひとつに、「弁護士報酬」というものがあるのをご存知ですか?
弁護士の仕事内容は多岐にわたり、それぞれの仕事内容の複雑さによって費用が異なります。

具体的にどのような種類があるのかご紹介します。

・着手金・・・受任時に受け取る委任事務処理の対価です。
つまり、弁護士に案件を依頼した段階で支払うお金となります。
案件の結果は関係なく、弁護士が手続きを進めるためのお金で、「ファイトマネー」のようなものです。

・報酬金・・・案件が成功で幕を閉じた場合、終了時点で支払うお金です。
成功とは裁判の場合は勝訴、一部勝訴であり、裁判での全面敗訴は不成功ですので報酬金は発生しません。

・手数料・・・契約書作成など、一回の手続きで完了する案件の時に支払います。

・時間制報酬・・・タイムチャージとも呼ばれ、案件の処理にかかる時間に、弁護士の一時間当たりの単価をかけて報酬計算をします。

・顧問料・・・企業と顧問契約を締結し、継続的に行う一定の法律事務に対して支払います。

・日当・・・弁護士が案件解決のために事務所を離れて移動するときに支払うお金です。

・鑑定料・・・書面で法律上の判断を求めたり意見を聞くときに必要となるお金です。

16年9月6日     0 Comments